株式会社SFCG

株式会社SFCGは平成21年4月21日に破産手続開始決定を受けました。これにより、現在、同社の財産に関する管理処分権は全て破産管財人に帰属しています。本ホームページも破産管財人が運営しております。

HOME
破産手続きの進行について
今後のお支払いについて
債権届出書記入要領
各種お問い合わせについて
配当に関するお問い合わせにつきましては、配当コールセンター(電話番号 0120-55-9198)へお問い合わせ下さい(受付時間10 時〜17 時、土日祝祭日除く)。その他のお問い合わせに関しましては、03-3271-4380 へお問い合わせください(受付時 間10 時〜17 時、土日祝祭日除く)。
フリーダイアル配当コールセンター0120-55-9198
 
最新連絡事項
【9/28】
調査報告書(17)/次回債権者集会期日
平成28年9月28日,第17回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお,第18回債権者集会は平成29年3月15日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
 
これまでの連絡事項
【9/1】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成28年7月28日付で、第17回債権者集会(平成28年9月28日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。

 事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成28年9月14日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
 債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。

※債権届出書送付先
  〒103−0022
  東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
  破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【8/9】
夏季休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成28年8月11日から16日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【3/28】
元代表者の破産手続における債権調査ついて
東京地方裁判所は、平成28年3月9日、破産者大島健伸氏に対する破産事件について、債権届出期間、認否書提出期限及び債権調査期間を次のとおり決定しました。
 1 債権届出期間  平成28年5月16日まで
 2 認否書提出期限 平成28年6月6日
 3 債権調査期間  平成28年6月13日から平成28年6月20日まで
【3/9】
調査報告書(16)/次回債権者集会期日
平成28年3月9日,第16回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお,第17回債権者集会は平成28年9月28日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【2/19】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成28年2月3日付で、第16回債権者集会(平成28年3月9日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成28年2月29日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
※債権届出書送付先
〒103−0022
 東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
 破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【12/24】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成27年12月29日から平成28年1月3日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【12/3】
(株)シグマらの立替金請求訴訟及び(株)シグマの優先的破産債権確認請求訴訟の第一審判決の結果について
【9/16】
調査報告書(15)/次回債権者集会期日
平成27年9月16日,第15回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお,第16回債権者集会は平成28年3月9日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席 は債権者の皆様の義務ではありません。
【8/10】
夏季休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成27年8月13日から18日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【7/30】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成27年7月14日付で、第15回債権者集会(平成27年9月16日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成27年8月30日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
※債権届出書送付先
〒103−0022
 東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
 破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【3/11】
調査報告書(14)/次回債権者集会期日
平成27年3月11日,第14回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお,第15回債権者集会は平成27年9月16日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【1/15】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成26年12月25日付で、第14回債権者集会(平成27年3月11日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成27年2月20日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
※債権届出書送付先
〒103−0022
 東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
 破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【12/24】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成26年12月27日から平成27年1月4日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【9/8】
調査報告書(13)/次回債権者集会期日
平成26年9月8日、第13回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第14回債権者集会は平成27年3月11日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【8/8】
夏季休業のお知らせ
弊社配当コールセンター並びに破産管財人室は、平成26年8月13日から15日まで休業致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【7/18】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成26年7月3日付で、第13回債権者集会(平成26年9月8日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産 法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無 や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成26年8月22日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
※債権届出書送付先
〒103−0022
東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【7/8】
第4回中間配当通知の発送並びにお問い合わせについて
平成26年7月7日より、第4回中間配当を実施するための『配当通知』の発送を開始致しました。 この件についてのお問い合わせは、 上記の通り配当コールセンター専用のフリーダイヤル(電話番号0120-55-9198、受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)までお願い致します。なお、配当以外のご質問 ・ お問い合わせは、専用ダイヤル(電話番号03-3271-4380)までお願い致します(受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)。
【3/10】
調査報告書(12)/次回債権者集会期日
平成26年3月10日、第12回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第13回債権者集会は平成26年9月8日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【2/13】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成25年11月27日付で、第12回債権者集会(平成26年3月 10日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産 法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無 や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は、平成26年2月末日までに下記管財人室宛に債権届出書をご提出ください。
※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
※債権届出書送付先
〒103−0022
東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【12/27】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成25年12月28日から平成26年1月5日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【9/9】
調査報告書(11)/次回債権者集会期日
平成25年9月9日、第11回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第12回債権者集会は平成26年3月10日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【8/9】
夏季休業のお知らせ
弊社配当コールセンター並びに破産管財人室は、平成25年8月14日から16日まで休業致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【5/28】
第3回中間配当通知の発送並びにお問い合わせについて
平成25年5月27日より、第3回中間配当を実施するための『配当通知』の発送を開始致しました。 この件についてのお問い合わせは、上記の通り配当コールセンター専用のフリーダイヤル(電話番号0120-55-9198、受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)までお願い致します。なお、配当以外のご質問 ・ お問い合わせは、専用ダイヤル(電話番号03-3271-4380)までお願い致します(受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)。
【2/18】
調査報告書(10)/次回債権者集会期日
平成25年2月18日、第10回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第11回債権者集会は平成25年9月9日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【12/27】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成24年12月29日から平成25年1月3日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【12/27】
平成21年6月5日付「関係会社に対する否認請求」の解決について
【9/10】
調査報告書(9)/次回債権者集会期日
平成24年9月10日、第9回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。
なお、第10回債権者集会は平成25年2月18日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【8/10】
夏季休業のお知らせ
弊社配当コールセンター並びに破産管財人室は、平成24年8月13日から15日まで休業致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【6/26】
第2回中間配当通知の発送並びにお問い合わせについて
平成24年6月25日より、第2回中間配当を実施するための『配当通知』の発送を開始致しました。 この件についてのお問い合わせは、上記の通り配当コールセンター専用のフリーダイヤル(電話番号0120-55-9198、受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)までお願い致します。なお、配当以外のご質問 ・ お問い合わせは、専用ダイヤル(電話番号03-3271-4380)までお願い致します(受付時間10時〜17時、土日祝祭日除く)。
【3/12】
調査報告書(8)/次回債権者集会期日
平成24年3月12日、第8回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の 皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。
なお、第9回債権者集会は平成24年9月10日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【12/27】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成23年12月29日から平成24年1月4日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【11/28】
調査報告書(7)/次回債権者集会期日
平成23 年11 月28 日、第7 回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の 皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。
なお、第8 回債権者集会は平成24 年3 月12 日午前10 時(於:東京地裁民事第20 部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【8/10】
夏季休業のお知らせ
弊社配当コールセンター並びに破産管財人室は、平成23 年8 月11 日から17 日まで休業致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【7/25】
調査報告書(6)/次回債権者集会期日
平成23年7月25日、第6回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の 皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第7回債権者集会は平成23年11月28日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【6/6】
中間配当通知の発送並びに中間配当に関するお問い合わせについて
平成23 年6 月6 日より、中間配当を実施するための『配当通知』の発送を開始致 しました。つきましては、配当に関するお問い合わせ専用のフリーダイヤル(電話番号0120-55-9198)を同年6 月7 日より開設致します(受付時間10 時〜17 時、土日祝祭日除く)。よろしくご承知下さい。また、これに伴い、従来のフリーダイヤル(電 話番号0120-01-3696)を閉鎖致します。併せてご承知下さい。なお、配当以外のご 質問・お問い合わせは、専用ダイヤル(電話番号03-3271-4380)までお願い致しま す(受付時間10 時〜17 時、土日祝祭日除く)。
【3/29】
IOMAグループとの異議訴訟について
【3/28】
調査報告書(5)/次回債権者集会期日
平成23年3月28日、第5回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の 皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第6回債権者集会は平成23年 7月25日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への 出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【2/9】
債権譲渡並びに口座閉鎖のお知らせ
今般、管財人は、破産財団に帰属している貸出債権のうち、合計3万件余の商工ローン債権を株式会社アイ・スカイ(埼玉県狭山市大字上奥富75番地の6)に対して譲渡しました。対象となった債権の貸出先である顧客の皆様には、今月中に譲渡人である管財人、譲受人である株式会社アイ・スカイ及び同社から委託を受けたサービサーであるエイチ・エス債権回収株式会社(東京都中央区銀座六丁目10番16号)連名での「債権譲渡通知書」が送達されますので、今後のご入金は同書記載の指定口座へお願い致します。
また、今般債権譲渡の対象となっていないお客様におかれましては、今後も管財人に対して貸出債権の返済をしていただくことになりますが、現在ご入金頂いている銀行口座につきましては、平成23年2月28日(月)をもって閉鎖されます。
これに代わる新しいお振込み先は下記の通りですので、同日以降は下記の口座へご入金願います。なお、既に下記の口座へご入金されているお客様については、今後も引き続き下記の口座へご入金いただきますよう、重ねてお願い申し上げます。

金融機関三井住友銀行 東京中央支店
預金種別普通
口座名義破産者株式会社SFCG破産管財人瀬戸英雄債権回収口
(ハサンシャ カブシキガイシャ エスエフシージー ハサンカンザイニン セトヒデオ サイケンカイシュウグチ)
口座番号3311965
※お振込みの際は、従前SFCGよりご送付しておりました請求書等に記載されている、5桁もしくは6桁の「お客様番号(顧客コード)」をお付け下さい。
(例)123456ヤマダタロウ
【12/27】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成22年12月29日から平成23年1月4日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【11/15】
調査報告書(4)/次回債権者集会期日
平成22年11月15日、第4回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、第5回債権者集会は平成23年3月28日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【9/1】
特別調査期日の開催について
東京地方裁判所は、平成22年9月1日付で、第4回債権者集会(平成22年11月 15日)において特別調査期日を開催する旨を決定しました。特別調査期日では、破産 法112条の定めに従い、責めに帰することができない事由によって一般調査期日(平 成22年7月5日)の終了までに届出をすることができなかった破産債権のうち、その事由が消滅した後1か月以内に届出が行われたものに関してのみ、その債権の有無 や額等について認否を行います。調査の結果、認められた破産債権は配当の対象となります。
事務処理に相当程度の時間が必要となりますので、上記の法定要件に該当する破産債権の届出をされる方は平成22年10月15日までに債権届出書をご提出ください。
なお、管財人室は平成22年8月29日を以って下記住所に移転しました。届出書の送付先も下記住所宛となりますのでご注意ください。

※届出にあたっての注意事項
債権届出書の債権額欄には、必ずご自身の認識される債権額を記載してください。破産手続開始当初にお送りした債権届出書のなかには、債権額欄に予め「額未定」と記載されているものがあります。この債権届出書をお持ちの方は、「額未定」の表記を二重線で消し、ご自身が認識する債権額を記載して提出してください。「額未定」との記載のまま届出を行った場合は債権調査において不利益を被ることがあります。
ご自身の債権額がわからない方は管財人室までお問い合わせください。
※債権届出書送付先
〒103−0022
東京都中央区日本橋室町4−2−12 川口屋ビル3F
破産者株式会社SFCG破産管財人室 債権届出書受領係
【7/6】
調査報告書(3)/次回債権者集会期日
平成22年7月5日、第3回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布しました調査報告書を掲載致します。なお、集会でお配りした調査報告書の一部に誤記がございました。本項には、訂正後のものを掲載しております。
また、上記集会において、全ての届出破産債権の債権調査が完了しました。これに先立ち、債権届出書の受領につきましても、平成22年7月4日をもって終了しております。
第4回債権者集会は平成22年11月15日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【7/6】
調査報告書(3)の訂正について
平成22年7月5日に開催されました第3回債権者集会において、債権者の皆様にお配りした「調査報告書」中に以下の通り誤記がありました。お詫び申し上げますとともに、ここに訂正して報告いたします。
1. 破産者株式会社SFCGにかかる調査報告書
5ページ「第7 旧役員の責任調査等」に、「平成20年6月期」との記載がありますが、正しくは「平成20年7月期」の誤りです。
2.破産者大島健伸にかかる調査報告書別紙「財産目録及び収支計算書」
資産及び収入の部「7 ゴルフ会員権」欄記載の中に、「大利根カントリークラブ」の「回収額」が266,400とあり、「白河高原カントリークラブ」の「回収額」が12,217,300とありますが、正しくは「大利根カントリークラブ」の「回収額」が12,217,300で、「白河高原カントリークラブ」の「回収額」が266,400となります。
【5/17】
6/5付「関係会社に対する否認請求」の一部解決について
【3/18】
調査報告書(2)/次回債権者集会期日
平成22年3月17日、第2回債権者集会が開催されました。同集会において債権者の皆様に配布致しました報告書を掲載致します。なお第3回債権者集会は、平成22年7月5日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【3/15】
債権者の皆様へ −第2回債権者集会について−
平成22年3月17日、破産者株式会社SFCG及び破産者大島健伸の第2回債権者集会が開催されます。 同集会では債権調査(届出破産債権の存否・額等を確定する手続)が実施されます。集会への出席は債権者の義務ではありません。なお、集会終了後、債権者の皆様方へ配布する報告書を本ホームページに掲載する予定です。
【3/12】
6/1付「グループ会社に対する否認請求」の解決について
SFCGが、その保有する株式会社MAGねっとホールディングスの株式を同社に譲渡担保に供した行為に対し、破産管財人が否認権の行使をした件(詳細は本ホームページ平成21年6月1日付「否認の請求の認容決定について」記載の「否認請求1」部分)につきましては、今般、株式会社MAGねっとホールディングスが破産管財人に対し約15億円の支払義務を認めたうえで、これに相当する現金・不動産・株式・貸付債権等の資産を自らないし関連会社を通じて提供するとの内容で解決しました。
【12/28】
6/1付「グループ会社に対する否認請求」の一部解決について
SFCGが、その保有する関係会社株式、供託金・保証金、商工ローン、不動産担保ローン等を、株式会社MAGねっとホールディングス、株式会社Jファクター及び株式会社ジャスティス債権回収に対して譲渡担保に供し、これについて破産管財人が否認権を行使した件(詳細は本ホームページ平成21年6月1日付「否認の請求の認容決定について」記載の「否認請求2」部分)につき、今般、商工ローンの一部を除く全ての対象資産が破産管財人に帰属することが確認され、この部分については解決しました。
【12/1】
年末年始休業のお知らせ
弊社コールセンター並びに破産管財人室は、平成21年12月29日から平成22年1月3日までお休みを頂戴致します。ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【10/30】
破産法157条による調査報告書/次回債権者集会期日
平成21年10月28日、第1回債権者集会が開催されました。破産法157条による調査報告書を掲載いたします。
なお、集会で債権者の皆様にお配りした調査報告書中、SFCG清算貸借対照表の記載に誤りがありました。本ホームページでは訂正後のものを掲載しております。
第2回債権者集会は、平成22年3月17日午前10時(於:東京地裁民事第20部集会場1)と指定されました。第1回同様、集会への出席は債権者の皆様の義務ではありません。
【10/30】
株式会社SFCG清算貸借対照表の訂正について
【10/29】
コールセンターお問い合わせ時間の変更について
現在コールセンターの対応時間は午前10時〜午後6時ですが、本年11/2(月)より午前9時30分〜午後5時30分へ変更致します。
ご不便をおかけしますが、何卒ご了承下さい。
【10/26】
債権者の皆様へ −第1回債権者集会について−
平成21年10月28日、破産者株式会社SFCG及び破産者大島健伸の第1回債権者集会が開催されます。
同集会では債権調査(届出破産債権の存否・額等を確定する手続)は実施されず、次回期日以降に続行される予定です。集会への出席は義務ではなく、破産手続上、欠席したことにより債権者に不利益は生じません。
なお、集会終了後、債権者の皆様方へ配布する報告書を本ホームページに掲載する予定です。
【10/01】
「貸付金残高に関するご通知」の発送について
株式会社SFCGが貸付金債権を有する顧客の皆様方および保証人の皆様方へ「貸付金残高に関するご通知」の発送を開始いたします。後日、破産管財人室スタッフより、お支払いに関するご連絡をさせていただく予定です。
なお、同通知書に記載された貸付金残高は、あくまでSFCGが現在も保有する債権の残高であり、SFCGが譲渡した債権の残高は含まれておりませんのでご注意ください。
残高確認、譲渡債権の有無など不明な点がありましたら、上記破産管財人室スタッフへお問い合わせください。
残高に対する支払いにつきましては、管財人としてできる限りの柔軟な協議対応を行いますので破産管財業務に何卒ご理解とご協力をお願いします。
【08/13】
全国のアセットファイナンスに関する担保抹消業務の取扱開始について
【08/07】
平成21年7月付の信託譲渡通知、債権譲渡通知を受領された方へ
【06/22】
松濤物件に係る財産引渡命令、立入禁止仮処分の申立て
(1) 財産引渡命令
一部報道にありましたとおり、平成21年5月25日、東京地裁はSFCGが株式会社ブルーバードから賃借している渋谷区松濤所在の不動産について、破産管財人への引渡しを命じる決定を下しております。
(2) 立入禁止仮処分の申立て
平成21年6月4日、株式会社ブルーバードは破産管財人を債務者として、渋谷区松濤所在の不動産について、同不動産への立入禁止仮処分命令の申立てをしました。本件についてはこれまでに2回の審尋期日が開かれております。
【06/22】
関係会社に対する仮処分命令申立て(元代表者使用車両、IBI所有不動産)
(1) 元代表者使用車両の処分禁止仮処分
平成21年5月26日、東京地裁は、破産管財人の申立てにより、大島健伸氏の使用車両の現所有名義人である株式会社ブルーバードに対し、同車両の処分をしてはならない旨の処分禁止仮処分の決定を下しております。
(2) IBI所有不動産処分禁止仮処分
平成21年6月5日、東京地裁は、破産管財人の申立てにより、株式会社SFCGから不動産を譲り受けた株式会社IOMA BOND INVESTMENTに対し、当該不動産の処分を禁ずる処分禁止仮処分の決定を下しております。
【06/22】
関係会社の破産管財人に対する訴訟提起
(1) IBIの破産管財人に対する貸金返還請求訴訟
平成21年5月14日、株式会社IOMA BOND INVESTMENTは、東京地裁に対し、破産管財人を被告として金5億24万6575円及び遅延損害金の支払いを求める貸金返還請求訴訟を提起しました。本訴訟は、同年6月10日に第1回口頭弁論期日が開かれております。
(2) 白虎の破産管財人に対する貸金返還請求訴訟
平成21年6月5日、合同会社白虎(以下「白虎」)は、東京地裁に対し、破産管財人を被告として金8456万9193円の支払いを求める貸金返還請求訴訟を提起しました。第1回口頭弁論期日は同年7月17日に予定されております。
なお、白虎は、株式会社IOMA REAL ESTATE(以下「IRE」)の関連会社であり、白虎の職務執行者及びIREの代表者は、ともに大島健伸氏の妻の弟が務めています。不動産担保ローン譲渡に関して、破産管財人は白虎に対して破産法に基づく否認請求をし、裁判所はこれを認容しております。
【06/22】
懲戒請求
(1) 平成21年6月3日、大島健伸氏(以下「大島氏」)の代理人栃木義宏弁護士は、破産管財人の所属する第一東京弁護士会に対し、 破産管財人を被調査人として、懲戒請求を申し立てております。その理由とするところは、破産管財人が大島氏を相手方として東京地裁に申し立てた損害賠償請求査定申立事件において、大島氏がSFCGを代表して、同社の資産を関係会社に無償で譲渡したと主張した行為が、大島氏の名誉を毀損するというものなどです。
本請求に対しては、同年6月16日、反論書面を提出しました。
(2) 平成21年6月16日、破産管財人は、栃木義宏弁護士が破産管財人及び東京地裁を誹謗中傷する行為を繰り返していることから、同弁護士の所属する東京弁護士会に対し、懲戒請求の申立てを行いました。
【06/22】
破産手続開始決定に対する即時抗告
平成21年6月5日、破産者大島健伸氏は、同人に対する破産手続開始を不服として即時抗告の申立てをしました。
【06/15】
関係会社に対する否認請求【株式会社ブルーバード】
平成21年6月11日、東京地裁は、破産管財人による株式会社ブルーバードに対する否認請求につき、これを認容する決定を下しました。
【06/09】
破産債権届出書記入要領
破産債権届出書の記入要領を掲載いたしました。
左上欄の「債権届出書記入要領」をクリックしてご確認ください。
【06/05】
SFCG元代表者に対する破産手続開始決定
平成21年6月4日午後5時、東京地裁は、SFCG元代表者大島健伸氏に対する破産手続開始の決定を下しました。
【06/05】
関係会社に対する否認請求
平成21年6月3日、東京地裁は、破産管財人による株式会社IOMA REAL ESTATE、合同会社白虎、株式会社IOMA BOND INVESTMENT及び株式会社KEホールディングスに対する否認請求につき、これを認容する決定を下しました。
【06/03】 
役員責任査定決定について
平成21年6月2日、東京地裁は、破産管財人によるSFCG元代表者大島健伸氏に対する役員責任査定申立てにつき、損害賠償請求権の成立を認める役員責任査定決定を下しました。
【06/03】 
グループ会社に対する否認請求<訂正>
平成21年6月1日付で開示しておりますグループ会社に対する否認請求について、その記載内容の一部に誤りがありましたので訂正してご報告いたします。
【06/01】
グループ会社に対する否認請求
平成21年5月19日、東京地裁は、破産管財人による(株)MAGねっとホールディングス、(株)Jファクター、(株)ジャスティス債権回収に対する否認請求につき、これを認容する決定を下しました。
【05/20】
債権届出書の発送時期
債権届出書の発送は6月上旬になる見込みです。
【05/20】
コールセンター受付時間
平成21年5月11日以降、コールセンターの受付時間は月曜日〜金曜日(祝祭日除く)の午前10時〜午後7時となっております。曜日、時間帯によっては混み合ってご迷惑をおかけすることもありますが、現在、破産管財業務に関するお問い合わせについては、コールセンターでのみ受け付けておりますので、どうかご理解とご協力をお願いいたします。
【05/20】
支払先のご案内
支払口座のご案内を更新しております。詳しくは左上欄の「今後のお支払いについて」をクリックしてご確認ください。
【04/21】
破産手続開始決定のお知らせ
【03/24】
再生手続廃止及び保全管理命令の発令について
 
 
 
東京都中央区日本橋室町4丁目2番12号 川口屋ビル